<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

秋葉原 ネオビストロ ディナー2

b0085463_22474817.jpg


ちょっと間があいてしましましたが、先日のレンズテストを兼ねた食事の続きです。
サバとジャガイモのテリーヌ

ちょっとメニューをちゃんと読んでおらず、秋刀魚にしては・・・!?と食べた瞬間思った馬鹿っぷりを披露。
サバの身厚な食感とジャガイモもややしっかりめの火入れによるアクセントが楽しいです。
白身がガツンと食べ応えになっています。

b0085463_2248744.jpg


豚肉のゼラチン寄せ
ちょっと面白い一皿。 
ややゼラチン多めだがマスタードたっぷり。 飽きません。
や豚足などがはいっていて、耳のこりこりが楽しめます。

それにしてもゼラチンは味わいしっかり。 
豚足のコラーゲンにしてはちょっとコクがすごいな、、と思っていたら、牛すねのコンソメも 使っているそうです。

いわれて納得。 道理で。。 でも美味しい。
見た目はオーソドックスなんですが、ちょっとした一ひねりがたまりません。
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-30 22:51 | 外食 | Comments(0)

PENTAXフォーラム

本日は、PENTAXフォーラム へ。

先日購入したレンズのピントの微調整のため。 家でちょっと試したところ5mmほど前ピンだったので。
しかし、さすがのメンテナンス。 確かに前ピンで、とりあえずカメラ側で調整しておきましたとのこと。

レンズの微調整の場合修理工場に送るので、時間がかかるらしいので、とりあえずそれは旅行の後で。

それに比べて、ショックだったのはやはり高額なレンズである中望遠。
多少調子が悪かったこともあり、一応みてもらったらところ2万5000円の修理が必要とのこと。(保障期限切れ)

だましだまし使うか、修理をするか、新たに買うか・・・? 
レンズもpcと同じでダメな奴は修理を繰り替えてもやっぱりダメで。 このレンズもすでに修理2度目。
新品はまたキヨミズ系で。。。
マニュアル+αと割り切ればいいのですがね。
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-28 20:27 | 日常 | Comments(0)

ブリュセレンシス ビアフェスティバル

b0085463_10132130.jpg


昨日は、こちらのビアフェスへ。 
あまり普段はビールは飲みませんが、嫌いではありません。

ましてやベルギービールにおいては、かなり好きなのですが、普段なかなか飲んでいないのというのが実態。
いろいろ幅広くいただけるこの機会を利用してみました。
ちょっとお高いですがね。 それは仕方なく。

いろいろチケットなどありますが、4杯(200ccx4)で2100円の当日券で。 計8杯。
料理も雰囲気も、、ではありますが、ビールの味わいはさすがでした。
アルコール度数も3.5%~12%もあり、フルーツビールやら

どれも美味しかったのですが、インパクトという意味では、(以下公式サイトからの抜粋)

カンティヨン・グーズ
ブリュッセルでも中心部に位置する伝統的なランビックの醸造所。ランビックの中でも強烈な酸味を有するが、ランビック本来の青カビのような臭みなどが強く存在する。ベルギービール通向けのランビック。

セント・ベルナルデュス・アブト
吟醸香にも似た芳香、濃厚なボディーとボリュームの後に続くスパイシーな長 い余韻が最高級のビールと納得させられる。最後の一杯として。

なんかは私には印象的。

b0085463_10244695.jpg


ほかに頂いたのは、

ルル・ブロンド
このビールは蜂蜜を感じさせる香りを持ち、味わいも蜂蜜のような甘みからやがて苦味 を感じることができる秀逸な一本。ベルギー、ルクセンブルグ州の傑作。

スコッチ・シリー
1850年から6代続くシリー醸造所でも最もボリュームを感じるビール。木のような、ヘーゼルナッツを思わせるアロマがあり、その点において伝統的なスコッチエールとは異なるものかもしれない。フルボディーで後から感じる苦味のバランスがすばらしいビール。

カラコル・アンバー
このタイプに多い甘味も持ち合わせながら鼻をぬける軽やかなアロマがこのビールの秀逸さを物語る。世界でもここだけの薪で釜を熱する醸造法なので毎回味わいも異なる。

セリス・ホワイト
オレンジ、グレープフルーツのような果実を思わせる。

カンティヨン・フランボワーズ
2年間熟成した古いランビックに5~6ヶ月熟成の若いランビックをブレンドし、オーク樽の中に木苺と一緒に入れて更に熟成。

マーガス
4種類の原材料(大麦麦芽、小麦麦芽、オート麦、小麦 )にザーツホップを加えている。マーガスとはラテン語で「マジック」を意味し、9ヶ月もの間、様々な配合を試行錯誤していた末、最高のビールが出来上 がった。その「魔法にかかったかのような瞬間」とその時の醸造の初心を思い出させてくれるというビールである。

だそうです。 どれも美味でした。 料理にもあいそうだし。 
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-28 10:24 | 日常 | Comments(0)

カルボナーラ

b0085463_23141415.jpg


なんかガッツリしたものが食べたくて。 
パンチェッタはなかったので、長野のワイナリーであるルミエールのワインベーコン、
卵は新鮮なものを黄身、チーズはとろける安物の3つのみ。
仕上げには黒胡椒をガリガリと。

うーん、濃いです。  ワインが欲しくなります。
美味しいけど、高カロリーなのでこういうのはあまり作りません(笑)
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-25 23:16 | 食事 | Comments(0)

秋葉原 ネオビストロ ディナー1

b0085463_21595357.jpg


というわけで、レンズ試写を兼ねて気軽なフレンチ。 
いや、どうしてどうしてなかなか美味です。

満席の日も多いようですが、この日はそうでもなくのんびりと。

b0085463_22138.jpg


いろいろわがままを聞いていただいてしまいました。
また来月にお邪魔する約束も(笑)
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-24 22:01 | 外食 | Comments(0)

夜景

夏休みに向けてレンズを追加購入。

デジタル時代になってから、10年近く経つが始めた当初よりいつかはほしいと思っていたレンズだ。
したがって当然設計は古く、今となっては古臭い面も目につくが、それを補ってあまりある楽しさがあるらしい。

それこそ、キヨミズから飛び降りたつもりで購入に踏み切ってみました。

b0085463_2384911.jpg


b0085463_239641.jpg


b0085463_2392129.jpg


まだまだ使いこなせていないことが判明ましたが、この前にレストランで試写をしてみたのですが、
今となってはすっかりべた惚れ♪
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-23 23:10 | Photo | Comments(0)

カメラ購入

b0085463_22583028.jpg


型落ちのため、発売当初よりはかなり値下げされた状態での購入。
我が家にとっては新しい器材は久しぶり?

写真のクオリティとしてはもちろん、デジイチにかないませんが、何せ小さいのがいいですね♪
かわいいし。

ストラップなどのファッション性も今後考えていきますが、とりあえず。

b0085463_2302061.jpg


街中スナップは特に問題はないようですが・・・

b0085463_2303640.jpg


b0085463_2304837.jpg


b0085463_231250.jpg


料理はちょっと厳しい感じ。 ピンとあわせがシビア。

b0085463_2311331.jpg

[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-22 23:01 | Photo | Comments(0)

小田原 フレンチ デセール

b0085463_21373619.jpg


〆はキャラメリアというバローナのショコラを使ったプティデセール。 
こちらのショコラ系の一品はかなりの好みのテイスト。 ビターをベースに風味があって。

風味がよく 口どけがさらっと。 

b0085463_21395093.jpg


GVをかけた桃。  ピスタチオをあしらって。
やさしい桃の食感が印象的。 キャラメルでコクとアクセントに。 チュイユールの歯ごたえ。

いやぁ~ 堪能させていただきました。 次はちょっとあいてしまって9月の予定。
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-18 21:40 | 外食 | Comments(0)

ワイン会

b0085463_23174686.jpg


今宵は先日勝沼でご一緒させていただいた方から、ちょっと食事会(ワイン会?)のお誘いをうけて。
最近ワインは何を飲んでも美味しいという味覚オンチぶり全開で、味が分かるのか?と不安を抱えながら、ずうずうしくもお邪魔させていただきました。 

ラインナップは写真の通り。 うーん、久しぶりにワイン単体で唸りました。
基本、料理とのコンビネーションを最上と考える私ですが、久しぶりにワイン単体の楽しさを思い起こさせていただきました。  

えーーーと、10年?いや15年ぶり?(笑) どれも印象深いワインばかりでした。
ちなみに左から飲んだ順番です。 

口中に広がるアフターの長さは明日の朝まで持ちそうな勢い♪ 
よい経験をさせていただきました。  
よいワインのコース取り(流れ)と抜栓時間の適切さは、今回アレンジしていただいた方によるものですが、一言すげーわ!
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-17 23:24 | 外食 | Comments(0)

枝豆

最近はまっているのが、「ゆあがり娘」という品種の枝豆。

最近、野菜の直売所では極力こちらをチョイス。 茶豆風味と甘さが強い。
東京の23区内に住んでいながら、農家から出荷された日の夜には食べているという贅沢さ。
(おそらく当日もしくは前日の刈り取りと推定) 

これも遠い通勤のおかげだな(爆)

案内のPDF

他の野菜も書いていないけどいろんな品種があるんだろうなぁ~
[PR]
by sinpsinpsinp | 2013-07-16 22:51 | 食事 | Comments(0)